淋病の男性に起こる症状 | 淋病かも、と思ったら

淋病の男性に起こる症状

性感染症の一つである淋病に感染してしまった場合には、男性の方には比較的症状が発生しやすくなっています。
淋病は女性よりも男性の方の方がかかりやすい病気でもあります。
もちろん女性の方でも淋病に感染されてしまう方もいらっしゃいますが、男性の方の方が比較的多い傾向にあります。
そしてまた症状に関しても男性の方が症状が出やすい傾向にあります。

▼ 目次

淋病の症状は

では男性の方はどういった症状が出てきてしまうものなのでしょうか。
淋病にかかってしまうと発症した症状によって気が付くことができます。
女性の方の場合は症状が出ないケースが多く、気づかないまま悪化してしまっていたなんてことになりかねません。
ですが男性の方の場合は症状が出やすいといった特徴があります。
ですのでその症状が出てきてしまったことによって淋病に感染しているかもしれないということに気が付くことができることでしょう。

では男性の方が淋病に感染してしまった場合に発症してしまう症状にはいったいどういった症状があげられるのでしょうか。
症状の内容としましては、尿道炎が起こるといったものが挙げられます。
尿道炎が激しく痛みが強いという傾向にあるんですね。
淋病の原因となっている淋菌に感染してしまったことによって、尿道炎を発症してしまいます。
尿道炎になると排尿時に強い痛みが走ります。
ですので排尿をするときに痛いと感じるようになったのであれば、できるだけ早く病院を受診して淋病に感染してしまっていないかどうかを調べる必要があります。
淋病検査をすることによって淋病に感染しているかどうかを知ることができるのです。

それからまた尿道炎を発症してしまった場合、痛みだけでなく性器から膿のようなものが出てしまう場合もあります。
通常の健康的な状態では膿が出てくるということはまずありえません。
ですので、膿が出てくるような症状が起こってしまった場合には、できるだけすぐに病院を受診して検査をすることをお勧めします。
少量であったとしても膿のような分泌物が性器から出てきた場合には、淋病に感染してしまっている可能性が高いです。

それからまた他の症状として頻尿や尿道口が腫れる、睾丸が腫れる、勃起時に痛みがある、男性器の表面に炎症が起こっているといった症状が発生する可能性があります。
症状があることに気が付いていながらも、そのまま放置してしまうとそのせいで症状がだんだんと進行していってしまい、より悪化した症状になってしまう、悪化してしまうというようなことが考えられます。

淋病の初期症状をチェック

特に淋病の初期症状として考えられる症状としては、排尿時の痛みになります。
それからまた痛みがなかったとしても、尿道に違和感を感じるようなケースもあります。
通常ではないことですので、そういった違和感や痛みを感じたらまずは検査を行ってみてください。
排尿する際、尿が出始める最初の時に痛みが強く起こりやすいです。
それから排尿時以外にも勃起の時に痛みが強く感じるケースがあります。
それから膿のような分泌物が出るという症状についてですが、この膿は白色、または黄白色のものでドロッとしているという特徴があります。
初期症状としてはこれらの症状が最初に起こってきますので、こういった症状が出たらすぐに専門の病院を受診するようにしましょう。

女性の方の場合は、症状が出にくいので気が付いたときには悪化してしまっていたなんてことにもなりかねませんが、男性の方の場合では比較的症状が強く出ますので、気が付きやすいですし、淋病を早期発見することができるポイントでもあります。
自然治癒をするケースはほとんどなく、悪化してしまうことが一般的となりますから、悪化してしまったことにより淋病以外のほかの病気まで併発してしまうといった恐れがあります。
ほかの病気を併発してしまった時には、その病気のせいで不妊につながってしまう可能性がある非常に怖いものとなります。
ただ早期発見、早期治療を行えばすぐに抗生物質で治すことができる病気でもありますので、怖がることなく受診して治療をするようにしましょう。

淋病の症状が出ていれば保険が使える

症状が出てきてから検査を希望する場合では、加入されている健康保険が適用されますので自費での負担としては3割負担となるメリットがあります。
ですので費用面でも非常に安心することができるといえるでしょう。
ですが不特定多数の人と性行為を行ったり、淋病に感染されている方と性行為を行ったなど、淋病に感染してしまっている恐れのある行為を行った場合には、症状が現れていなくても潜伏期間である可能性もありますのでできるだけ早く受診して検査をされることをお勧めします。

症状が出ていない場合の検査につきましては、どうしても全額自己負担の自由診療となってしまうというデメリットがあるのですが、それでも行っておくことをお勧めします。
性感染症であるかどうかの検査を行っておくことで、ほかの方に感染させてしまうというようなことも防ぐことができるからです。

新着情報

淋病感染症の病原体と治療。

淋病感染症とは?

淋病感染症という性病について、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

でも、聞いたことはあってもその実態をわかっていないという人はとても多いです。

毎日のように性行為をする人であれば、淋病感染症については知っておいた方が良いです。

そもそも淋病感染症とは何かというと、簡単に言えば性行為によって感染する性病の1つ。

ただのセックスではもちろん、オーラルセックスなどでも感染するものです。

そのため、コンドームなどの避妊具を装着して性行為をしていたとしても、口によって粘膜接触をすれば、感染してしまう可能性も十分にあると言えるでしょう。

淋病感染症では症状もかなり顕著に出るので、わかる人はすぐにわかると思います。

しかし、人によって潜伏期間が2日~14日ほどあるため、判断が難しい場合も。

そこはまず自分が淋病感染症なのかどうか疑うのなら、まずはじっくりと判断しましょう。

専門医への相談が必要なので、泌尿器科などに相談してください。

≫ 『淋病感染症の病原体と治療。』

淋病感染症の症状と女性の治療

女性の淋病感染症の原因

女性でも淋病感染症になることがあるというのは、意外と知られていない事実です。

しかし、女性でもパートナーと性行為をしていると、感染してしまうこともあります。

感染しても気づかない人もいますが、性器に違和感を抱くこともあるのでわかるはず。

違和感があるのなら、まずは専門の泌尿器科で診察してもらうことが必要です。

ただ、そもそも淋病感染症にはなぜ感染してしまうのでしょうか。

まず女性の場合は男性と違って性器が体内にあるため、より感染の危険性が高いです。

淋病感染症の原因となる淋菌は外的要因に弱く、すぐに死滅してしまうものです。

その一方で女性のように性器が粘膜で包まれていると、菌も死滅しにくいと言えます。

そのまま性器の中で菌が繁殖を続ければ、淋病感染症になってしまうことがあります。

女性の淋病感染症の症状

女性の淋病感染症の症状では、性器に痛みやかゆみを感じることが多いです。

性器はとてもデリケートなものなので、尿道などに違和感を抱くこともあります。

淋病感染症ではそういう性器に影響を及ぼすことも多いため、十分に気をつけておくべき。

しかし、それでも女性の中には単なるセックスだけではなく、オーラルセックスをする人もいるため、より感染経路が複雑になってしまっていることもあります。

淋菌自体はとても弱いですが、性器や口など粘膜に覆われている部分が接触を続けることで、パートナーにも感染させてしまうことがあります。

その逆で、パートナーから感染してしまうということも十分にあるのです。

症状は人によって個人差もあるので、そこは冷静に対応していくようにしましょう。

感染してから潜伏期間も長いことがあるので、しばらく前に性行為をしたとしても感染していることが十分に考えられます。

まず症状が出たら、すぐに泌尿器科などの病院に駆けつけてください。

≫ 『淋病感染症の症状と女性の治療』

淋病感染症の症状と男性の治療

男性の淋病感染症の原因

男性が淋病感染症になる原因の多くは、性行為が原因だと考えられています。
そもそもなぜ淋病感染症になるのかというと、これは淋菌が深く関係しています。
淋菌はとても弱い菌ということもあり外的要因によって勝手に死滅することが多いです。
そのため、普通に接触するくらいではまずもって感染する可能性はほとんどありません。
しかし、性行為を持つと直接粘膜同士が接触するため、どうしても感染の可能性は高くなることもあるため、淋病感染症のほとんどは性行為からの感染だと考えられているのです。
基本的に性行為をしない男性であれば、感染することはまずないです。
ただ、普通のセックスだけではなく、オーラルセックスなどでも感染することがあります。
淋菌は人間の口の中など、粘膜があるところに生息するので注意しましょう。
≫ 『淋病感染症の症状と男性の治療』

性病の薬

性病は一刻も早く治療しよう

もし自分が性病にかかってしまったらどうしよう…そんな不安を抱えている人もいると思いますが、日本ではまだまだ性病に対しての意識が甘い部分があり、それほど深刻に考えていない人も少なくありません。

しかし一般的に良く知られている淋菌感染症やクラミジア感染症といった性病は自然に治ることはありませんし、放置しておけばどんどん進行して身体的に悪影響を及ぼすことも考えられるのです。

男性であればまず尿道に入って来て尿道炎を起こすところからはじまり、前立腺炎、副睾丸炎を引き起こしてしまうリスクがありますから、早い段階で治療をしておきましょう。

前立腺のほうへ菌が移行してしまうと抗生物質が届きにくくなってしまい、治療期間も長くなります。

さらに女性の場合は男性よりも自覚症状が少ないにも関わらず、進行すると不妊などの大きな身体的負担がかかってくるリスクがあります。

加えてHIVの感染リスクも性病に感染していない人に比べて高くなると言われています。

性病はどんな薬で治すの?

それでは性病を治療するときにはどんな薬が使われるのでしょうか?

これはいろいろな種類があって、淋菌感染症であればペニシリン系抗生剤をおよそ7日~10日間程度服用したり、スペクチノマイシン系やセフェム系の点滴を行ったり、アジスロマイシンを単回投与したりします。

このほかにも性病の種類によって使われる薬は変わってきますから、くわしくは医師と話し合って処方された薬の説明を受けてください。

使われる薬に関しては必ず説明を受けて納得したうえで服用することが重要で、特にほかの薬を服用している場合は飲み合わせの関係もありますからお薬手帳を持参しておくと安心です。

また、副作用が出てくることも考えられるのでその場合は速やかに使用を中止し、主治医や薬剤師に相談してください。

信頼できる医師を見つける

そして性病に限らずどんな病気にも言えることですが、信頼できる医師を見つけることはとても重要ですから、病院・クリニックを探すときにはどんな医師なのか院内の様子などについても情報収集しておきましょう。

最近では医療系の専門サイトがとても充実しており、院内の環境がよく分かるようになっています。

実際に受診した患者さんが医師や看護師、受付スタッフの対応について口コミを記載していたり、感想や出された薬について書いていることがありますので参考にするといいでしょう。

性病を予防

性病にかかってしまう人の特徴

性病を予防するためにはまずどのようにしたら性病にかかってしまうのかしっかり理解することで、ここが出来ていなければ何度も性病にかかってしまう可能性があります。

性病とひと言で言ってもいろいろな種類がありますが、一般的によく知られているのは淋菌感染症やクラミジア感染症といったものでしょう。

このふたつの性病の共通点として性行為によって感染する点があげられますが、これは粘膜感染するためです。

それではセックスしなければ絶対に感染しないのかと言われればそういうわけではなく、粘膜感染ですから口から感染してしまう可能性もあります。

たとえば風俗でオーラルセックスをした結果、数日後に症状が出てくることもありますし、ディープキスでも感染するリスクはあります。

よくセックスしなければ感染しないと勘違いしている人もいますが、実際にはオーラルセックスやディープキスといった行為も注意しなければならないのです。

≫ 『性病を予防』