淋病の男性に起こる症状 | 淋病かも、と思ったら

淋病の男性に起こる症状

性感染症の一つである淋病に感染してしまった場合には、男性の方には比較的症状が発生しやすくなっています。
淋病は女性よりも男性の方の方がかかりやすい病気でもあります。
もちろん女性の方でも淋病に感染されてしまう方もいらっしゃいますが、男性の方の方が比較的多い傾向にあります。
そしてまた症状に関しても男性の方が症状が出やすい傾向にあります。

▼ 目次

淋病の症状は

では男性の方はどういった症状が出てきてしまうものなのでしょうか。
淋病にかかってしまうと発症した症状によって気が付くことができます。
女性の方の場合は症状が出ないケースが多く、気づかないまま悪化してしまっていたなんてことになりかねません。
ですが男性の方の場合は症状が出やすいといった特徴があります。
ですのでその症状が出てきてしまったことによって淋病に感染しているかもしれないということに気が付くことができることでしょう。

では男性の方が淋病に感染してしまった場合に発症してしまう症状にはいったいどういった症状があげられるのでしょうか。
症状の内容としましては、尿道炎が起こるといったものが挙げられます。
尿道炎が激しく痛みが強いという傾向にあるんですね。
淋病の原因となっている淋菌に感染してしまったことによって、尿道炎を発症してしまいます。
尿道炎になると排尿時に強い痛みが走ります。
ですので排尿をするときに痛いと感じるようになったのであれば、できるだけ早く病院を受診して淋病に感染してしまっていないかどうかを調べる必要があります。
淋病検査をすることによって淋病に感染しているかどうかを知ることができるのです。

それからまた尿道炎を発症してしまった場合、痛みだけでなく性器から膿のようなものが出てしまう場合もあります。
通常の健康的な状態では膿が出てくるということはまずありえません。
ですので、膿が出てくるような症状が起こってしまった場合には、できるだけすぐに病院を受診して検査をすることをお勧めします。
少量であったとしても膿のような分泌物が性器から出てきた場合には、淋病に感染してしまっている可能性が高いです。

それからまた他の症状として頻尿や尿道口が腫れる、睾丸が腫れる、勃起時に痛みがある、男性器の表面に炎症が起こっているといった症状が発生する可能性があります。
症状があることに気が付いていながらも、そのまま放置してしまうとそのせいで症状がだんだんと進行していってしまい、より悪化した症状になってしまう、悪化してしまうというようなことが考えられます。

淋病の初期症状をチェック

特に淋病の初期症状として考えられる症状としては、排尿時の痛みになります。
それからまた痛みがなかったとしても、尿道に違和感を感じるようなケースもあります。
通常ではないことですので、そういった違和感や痛みを感じたらまずは検査を行ってみてください。
排尿する際、尿が出始める最初の時に痛みが強く起こりやすいです。
それから排尿時以外にも勃起の時に痛みが強く感じるケースがあります。
それから膿のような分泌物が出るという症状についてですが、この膿は白色、または黄白色のものでドロッとしているという特徴があります。
初期症状としてはこれらの症状が最初に起こってきますので、こういった症状が出たらすぐに専門の病院を受診するようにしましょう。

女性の方の場合は、症状が出にくいので気が付いたときには悪化してしまっていたなんてことにもなりかねませんが、男性の方の場合では比較的症状が強く出ますので、気が付きやすいですし、淋病を早期発見することができるポイントでもあります。
自然治癒をするケースはほとんどなく、悪化してしまうことが一般的となりますから、悪化してしまったことにより淋病以外のほかの病気まで併発してしまうといった恐れがあります。
ほかの病気を併発してしまった時には、その病気のせいで不妊につながってしまう可能性がある非常に怖いものとなります。
ただ早期発見、早期治療を行えばすぐに抗生物質で治すことができる病気でもありますので、怖がることなく受診して治療をするようにしましょう。

淋病の症状が出ていれば保険が使える

症状が出てきてから検査を希望する場合では、加入されている健康保険が適用されますので自費での負担としては3割負担となるメリットがあります。
ですので費用面でも非常に安心することができるといえるでしょう。
ですが不特定多数の人と性行為を行ったり、淋病に感染されている方と性行為を行ったなど、淋病に感染してしまっている恐れのある行為を行った場合には、症状が現れていなくても潜伏期間である可能性もありますのでできるだけ早く受診して検査をされることをお勧めします。

症状が出ていない場合の検査につきましては、どうしても全額自己負担の自由診療となってしまうというデメリットがあるのですが、それでも行っておくことをお勧めします。
性感染症であるかどうかの検査を行っておくことで、ほかの方に感染させてしまうというようなことも防ぐことができるからです。

新着情報

男性の淋菌治療

男性の淋菌治療

性行為などを通して淋菌に感染してしまう男性は決して珍しくはありません。
性器にもし淋菌が感染すると、排尿時の痛み、違和感、かゆみ、不快感などの症状のほか、尿道から膿が出るという症状が出る場合もあります。
もし喉に感染すると喉の痛みや違和感、微熱など軽い風邪のような症状となりますが、喉の場合は症状があまりない場合もあります。
このような男性の淋病を治療したい場合、主に病院を利用し、専用の抗生物質を使用することになります。
≫ 『男性の淋菌治療』

泌尿器科での淋菌治療

淋菌に感染したと思ったら

淋菌に感染すると起こるのが淋病です。
男性の性器がこれに感染すると、排尿時に痛い、膿が出てくるなどの症状が強く出るほか、違和感、不快感、かゆみといった症状が出ることもあります。
女性の場合は症状が出ないことが多く、実際に悩まされる機会は少ないのですが、だからといって症状が軽いわけではなく、自然に治るわけでもありません。
長期間感染していると他の病気や不妊につながることもあり、感染したと思ったら早めに治療したい病気です。
≫ 『泌尿器科での淋菌治療』

淋菌検査の流れ

検査ってどうやるの?

淋病かもと思ったら病院で検査を受けますが、このときにどういう検査が行われるのか、感染部位がときに性器になるだけに、患者の方も気になるところでしょう。
流れがわからなくて不安だとなかなか病院に足が向かないこともあるでしょうから、淋菌検査の流れについてご紹介します。

病院を受診

まずは淋菌検査をやっている病院を受診します。
これはどこでもやっているとは限りません。
実施しているのは性病に対応できる病院です。
性病科、性病に対応できる泌尿器科、女性なら婦人科といった病院に行くと、淋菌検査も実施していることが多いです。
実施している検査の内容は各病院のHPなどで紹介されていることも多いですから、そちらで淋菌検査を受けられそうか、事前に確認しておくと安心です。
病院を選んだら受診してください。
予約は不要という病院が多いです。
健康保険は症状が出ていれば適用となりますから、保険証を一応持っていくといいでしょう。
また、なるべく時間には余裕をもって来院してください。
診察終了時間ギリギリの利用よりは、早めに受診した方が希望する検査をきちんと受けられることが多いです。

診察と検査

診察が必要になる病院もあれば、検査だけ実施してもらえる病院もあります。
検査だけ受けたい場合はそのような対応もできる病院を選ぶといいです。
淋菌検査の内容ですが、感染部位が性器になるときは、男女で検査内容が変わります。
男性なら尿検査、女性なら膣内を綿棒でこするという検査になります。
女性の場合は診察台の上で陰部を露出する場合もありますから、着脱がしやすい服装で受診するといいです。
淋病は喉にも感染します。
そちらの検査を受ける場合はうがい液の検査となります。
病院から検査用のうがい液を渡されますから、それを使ってうがいします。
そしてそのうがい液を捨てず、そのまま検査物として病院側に渡すのです。
検査の結果はすぐにわからないことも多いため、その日は検査物を提出して終わりとなることも多いです。

検査結果について

淋菌検査の結果がわかるのは3~4日後となることが多いですが、実際に何日後に結果がわかるのかは検査を受けた病院から聞いてください。
結果のお知らせ方法も病院によって違っており、再診時に結果の説明がある病院もあれば、検査結果はその病院の専用Webページで閲覧可能という病院もあります。
これが淋菌検査の流れとなります。
それほど難しいことはありませんから、気になる症状がある方など気軽に利用してください。

淋菌検査キット

淋菌検査キットとは

淋病かもと思ったらまずそのことを検査で確かめないといけません。
淋病とよく似た症状にクラミジアもありますし、男性の性器で起こる淋病は尿道炎となりますが、これは性病とは関係ない雑菌で起こることもあるのです。
そのためまずは淋病かどうかを確かめる検査が必要になるものの、このときには淋菌検査キットを使う方法もあります。
≫ 『淋菌検査キット』

淋菌によるかゆみ

淋病になるとかゆい?

淋菌に感染すると淋病となるのですが、男性はこれに感染すると比較的多くの症状がでます。
その中の一つがかゆみとなっています。
陰部に感染したとき厳密には尿道で淋菌が増殖するのですが、するとこの尿道でかゆみが出ることもあるのです。
しかし尿道は体内を通っており、外部からは見えませんし、直接触ることもできません。
かゆみがあるからといって直接患部をかくといった対応は難しいのです。
それでいてかゆみはずっと続くわけですから、体内がずっとムズムズするような症状が続く形となり、不快感の強い症状となりがちです。

かゆみ以外の症状が出ることも

淋菌に感染するとかゆみ以外にもいくつかの症状が出ることがあります。
排尿時の痛み、違和感、不快感、尿道からの膿といったものです。
クラミジアの経験がある方は似た症状と思うかもしれませんが、排尿時の痛みについては淋菌に感染したときの方が比較的強い傾向があります。
男性にとっては気になる症状となることも多いです。

なお、これら症状はどれも男性特有のもので、女性が感染したときはほとんど症状が出ないことも珍しくありません。
とはいえ、症状が出なくても淋菌に感染していると性病になっている点は変わりなく、性行為などを通して他人にうつすリスクもあります。
いろいろな症状が出る男性の場合、淋菌に感染したことに早く気づきやすいということでもありますから、症状に気づいたら早めに治療を受けるといいでしょう。

淋菌に感染したあとの治療

体の異常に気づいたらすぐに病院を受診してください。
風邪なら自然に治ることも多いですが、淋病は自然に治ることは基本的にありません。
病院で検査を受けて淋菌の感染を確認し、この菌に効く抗生物質を使えば淋病が治ります。
ずっと続いていた不快感も次第に治まっていきます。
たとえば尿道に出ていたかゆみなども治まります。

早く不快な症状を治すために早く薬が欲しい方も多いでしょうが、その薬をもらうためには検査を受けないといけません。
淋菌に感染すると先にご紹介したような症状が出るわけですが、それら症状だけで淋病だとの診断は医師でも出せないことが多いです。
診断のためには検査を受け、淋菌の感染を客観的に確かめる必要があります。
それが終わって正式に感染が確かめられたら薬の処方となるため、治療開始までに少し時間がかかる場合があります。
ですからもし尿道のかゆみなど、淋菌の症状に気づいたら早めに病院を受診するのがおすすめです。